作戦報告書

このページではミリタリーに関する個人的な意見などを書いています。要するに「日記」です。
ただし当ホームページのメインコンテンツはアイテムの紹介やイベントのリポートであり
なおかつ管理人自身が遅筆&文才が無いのでそれ程大した内容の文章は書いてません。
あくまで管理人の自己満足&気まぐれ程度のページです。良かったらお付き合い下さい。


2017年1月9日   古キ良キ過去ヲ記憶シ光輝ク未来ヲ見ツメテ!

第31輜重兵分隊をご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。
管理人の柏谷です。いよいよ2017年(皇紀2677年)が始まりました。今年はどんな年になるんでしょうか?

個人的には行きたいイベント、買いたいアイテム等が目白押しなんですが去年の動向を分析すると
「多方面に中途半端に手を出すと結果的に失敗する」という教訓を得たので、今年は行動する前に
よく熟考して必要性や価値を判断し、事前にしっかり計画を立ててから行動を起こしたいと思います。

で、ホームページの運営も課題の1つなんですが今後5年、10年と長く運営する事を目標とした上で
今後の「第31輜重兵分隊」の方向性を発表したいと思います。

とりあえず今後のHPにおいて以下の3カテゴリーをメインコンテンツとするつもりです。
@ 戦後〜現代までの海陸空3自衛隊+在日米軍
A WWU〜現代までの世界各国の個人戦闘装備
B 大日本帝国”陸軍”の歩兵科と航空科
一見するとバラバラで統一感が無いですが、これらを選んだ理由はちゃんとあります。
ただ理由や経緯を説明すると長くて複雑になるので説明はまたの機会に預けます。


という訳で第31輜重兵分隊の今後のテーマは上述の通りですが、コレとは別に「2017年度の目標」を発表します。

2017年度における目標、と言うか個人的に絶対に見逃せない最重要事案が以下の3装備です。
DDH-144 くらま
TSS-3601 あさしお
AV-8B ハリアーU
この3装備は自衛隊及び米軍において一時代を築いた傑作装備ですが、2017年度内に
退役もしくは日本国内から撤退する事が決まってる装備なので必ず実物を見に行きます。

そして上述の3装備に次いで是非とも見ておきたい装備が
「はたかぜ型」 「はつゆき型」 「F-4 ファントムU」 「74式戦車」 「64式小銃」です。
これらも退役が近づき数が減ってる装備なので今の内に勇姿を記憶しておく必要があります。

この様に「見学したい装備」がハッキリと決まっているので、「参加したい自衛隊イベント」も自然と確定します。
とりあえず3月初旬に「くらま」と「あさしお」を見る為に佐世保と呉へ行く予定であり、現在計画を練っています。
そして5月にはハリアーを見る為に岩国フレンドシップデーに参加予定です。この時点で西日本を2往復ですよ。
(※余談ですが厚木基地でもハリアーが公開される可能性が微妙に存在するのでその辺も一応チェックします)

74式戦車と64式小銃はとりあえず長野県近隣の駐屯地祭(高田、新発田、北富士、相馬原など)に行ってみようかと。

F-4については百里基地で見るのがベストなんですが、今年は航空観閲式の年であり一般人は入場不可なので
代わりにF-4が見れそうな航空祭という事で岐阜、浜松、静浜、小松、小牧のいずれかへの参加を予定しています。

「はたかぜ型」と「はつゆき型」に関しては現時点で予定が全く未定なので確定し次第、プランを作成します。

こんな感じで今年は去年以上に自衛隊イベントへの参加が増えそうです。体力と資金と時間が心配だよ・・・
それと余談ですが長野県は日本のほぼ中心にあるので東西南北どこへでも行きやすいのがメリットですね。


上述の通り今年も自衛隊イベントへの参加に注力する予定なのでサープラス(軍放出品)調達は控え目になりそう。
ビクトリーショー等のサープラスイベントへの参加を減らし、欲しいアイテムのみ通販でピンポイント購入するかも。
そして今年2017年はAK47誕生70周年なのでAKシリーズを必ず何か買う予定です。
AK47(マルイ製電動ガン)は既に持ってるので無可動実銃かトイガンのRPK、AK74、PP-19あたりかな。


その他

・第502統合戦闘航空団 ブレイブウィッチーズ 感想
自分の所の視聴環境(Dアニメ)では最終話を観たのが今日なのでこのタイミングで感想を。
ストライク1期(08年)から応援してるファンとしては結構楽しませてもらいました。
どんな苦境でも絶対に諦めないひかりの姿は人生に疲れ始めたアラサーの自分に元気を与えてくれたし、
ロスマン先生が言った「あなたはあなたになりなさい」という台詞は個性と自主性を尊重した名言だったし、
ネタキャラ感のあったジョゼ(大食い)とモハさん(抱きつき魔)は繊細で年頃相応の女の子として描かれてたし
立場上、厳しい性格のクマさんが家族との懐かしい記憶を思い出す場面では自分もちょっとウルッと来ちゃったし、
チャラいけど実は後輩・仲間想いの伯爵はギャグとシリアスの使い分けが上手い原作イメージ通りのキャラだったし
本当は妹想いの孝美お姉ちゃんが戦場から妹を遠ざける為に取った辛辣な行動を見てこっちまで心が痛くなったり、
自分が最も好きなラル隊長は個人回こそ無かったけど有能かつ寛大な指揮官ぶりが溢れ出てて更に好きになったり
厳しい状況にも関わらずニパやひかりの為に歓迎会を開いてくれた502に「戦場における家族の絆と優しさ」を見たり、
他にも色々あるんですが502の面々が動いて喋って物語が進むというアニメ化の効果に感激です。
巷で言われてた様にCGや演出面で多少の不満はありましたがそれでもファンとして大いに楽しませてもらいました。

という訳で楽しませてもらったのは事実ですが・・・この年になるとアニメを観るのも結構キツくなってきますね。
年齢による感性の低下か、「う〜ん、そこはちょっと自分には理解できないなー」という部分も結構ありました。
なので今回のブレイブウィッチーズのアニメの良し悪しや評価を100%断言・理解出来てるとは言い難いですが
ファンとしては今後も応援していくつもりです。とりあえずBDやフィギュアなどのグッズ、同人誌が楽しみです。

※余談:ブレイブウィッチーズが一段落したので次のサブカル・エンターテインメントを見る準備も進行中です。
とりあえず「この世界の片隅に」「ハイスクール・フリート」「空飛ぶ広報室」「「ザ・ラストシップ」あたりを予定。


2016年12月31日   今年度ノ戦歴ヲ報告イタシマス!

みなさん、こんばんは。管理人の柏谷です。早いもので2016年(皇紀2676年)ももう終わりです。
みなさんにとって今年はどんな1年だったでしょうか? 管理人にとっての2016年を振り返ると・・・
今年は自衛隊イベントへの参加に全力を注いだ年でした。
岩国フレンドシップデー、富士総火演、百里航空祭、舞鶴基地、呉基地、やまゆき、あすか、松代大本営跡など
結構な数のイベントに参加・遠征しましたね。計算したら自衛隊イベント関係だけで約4000kmも走ってました。
そして相変わらずリポートが全然進んでません・・・
これに関しては謝罪と自責の念しかありません。言い訳になってしまいますが仕事が忙しくて時間が無い上に
自分は体力が無い軟弱野郎でありすぐ疲れて寝てしまう体質なので記事の作成・編集が進みませんでした・・・

という訳で仕事が忙しくて時間が無かったのは事実ですがその分給料も増えました。年収的には前年比+15%です。
なので車を買い替えたり一眼レフやシャテルローを買ったりヤフオクで色々落札したりとアイテム調達は結構捗りました。
ただサープラス(軍放出品)の調達はやっぱり不十分でした。年初に「今年はベトナム戦争装備を集めたい」と書きましたが
結局殆ど買いませんでしたね。M16(ベトナムver)とかM1ヘルメットとかBDU上下セットとか色々欲しかったんですが・・・

それと「今年は太平洋戦争について理解を深めたい」とも書きましたが、そちらの方もあまり進みませんでした。
と言うかアラサーで今更歴史の勉強しようとしても内容が頭に入らないと痛感。
今年はオバマ大統領による広島訪問、安倍首相による真珠湾訪問など歴史的な年だったのに勿体ないですね・・・


そして2016年における個人的に最大の失敗、と言うか後悔についてですが
「くらま」と「あさしお」を見学出来なかった事です。
昭和の海上自衛隊を象徴する特徴的で歴史ある2艦ですが、共に来年3月に退役予定となっています。
なので是非見学しておきたかったのですが日程や場所などが合わず見学する機会に恵まれませんでした。
特に舞鶴サマーフェスタで公開されたあさしおは日程・場所的にかなり好条件なイベントだったにも関わらず
自分の情報収集不足により行けなかった事が非常に悔やまれます。くらまとあさしおの退役まであと3ヶ月。
何とか実艦を見学に行きたいですがこの時期では一般公開はしてないですね。。母港に行けば見られる?



その他気になった事など

・第45代アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が当選
全米のみならず世界中が注目してたアメリカ大統領選挙ですがトランプ氏が当選しましたね。
選挙運動期間中に色々と過激な発言をして世間を騒がせていたので今後の動向に注目です。
日本的には・・・どうなんでしょうね? TPPの脱退を掲げており輸出・輸入関係で大きな影響が
出ると言われており、製造業などは戦々恐々みたいです。(自分にはあまり関係ないかな・・・)

むしろ個人的に気になるのがやっぱりミリタリー関係です。良い事、悪い事、色々と言ってますねー。
一番気になるのは「在日米軍の撤退」です。米軍再編計画として在日米軍の撤退させる、もしくは
駐留費用を日本に全額負担させるとかなり無茶な事を言ってますが果たしてどうなってしまうのか・・・

トランプ氏(アメリカ)が在日米軍の撤退を唱える背景としては米軍がテロ(IS)との戦いの対応に追われ
余裕が無い事と、近年勢いを増し脅威となりつつある中国との関わりを避けたいのが理由でしょうね。
もし仮に在日米軍が完全撤退したら日米同盟によって成り立っていた日本の防衛力は崩壊、中国等から
狙われるので自衛隊の大幅な戦力強化(予算や装備の増加・下手すれば徴兵制)が必要になりそうです。
(と言うか米軍の力に頼り過ぎる訳にもいかないので、昨今の自衛隊も独自に戦力の増強を図ってますね)

そしてもう1つの意見である在日米軍の駐留費用を全額負担できる程、今の日本に経済的な余裕は無いです。
トランプ氏の強気な発言に対し我が国の安倍首相はどういった回答をするのか・・・ 一国民として気になります。

私見としては残念ながら日本は(中国やロシアと比べて)小さくて弱い国なので今後もアメリカと同盟を組み続けて
仲良くやっていくのがベストではないかと思いますが・・・ (別の意見としては国内で米軍装備を見たいという点も)


そして在日米軍問題以外で気になるのが銃規制問題です。同氏は銃規制は緩和すべきという姿勢を見せています。
アメリカ人はどんどん銃を買えって事ですね。これは「日本のガンマニアとしては喜んでいい状況」・・・なんでしょうか?
銃規制が緩和されれば多くの銃がアメリカ国内に流通し、ガンメーカーの経営は好調になり新型モデルも次々と出ます。
そしてアメリカの銃市場が賑わえば日本のトイガン市場も賑わいメーカーも次々と新製品をモデルアップする様になります。
やっぱりガンマニアとしては新型の銃が出ると嬉しいですしね。最近だとAR57とかKSG(ショットガン)が面白そうです。

アメリカでは銃規制の賛成派と反対派がそれぞれ大きな力を持っており、今回の大統領選挙にも多少影響したと思います。
銃が増えれば銃犯罪が増えてしまうのも事実ですが、それらに対抗する為の「正しい使い方の自衛用の銃」も増えます。
終わりなきイタチごっこですが、これは銃社会アメリカの宿命なので日本人の自分にどうこう言える問題ではないですね。



・「あさひ型護衛艦」が進水
10月19日に「あさひ型護衛艦1番艦 あさひ」が進水しました。「あきづき型」をベースにした対潜能力を重視した艦です。
あきづき型をベースにしてるとの事ですが進水時の写真や完成予想図を見ると、FCS3(本型では「OPY-1」という形式)が
艦橋直上に集中配置されてて船体形状の印象としては「あたご型」に近いです。(もう回転式レーダーの時代は終わりか・・・)

他に注目したいのがCOGLAGという方式。今年4月の「あすか」見学の際に勉強した機関が遂に実装です。
簡単に説明すると低速時はガスタービンで電動機(モーター)を駆動させて電気で推進し、高速時には
更にガスタービンを機械的に直結して「電動機+ガスタービン」を併用で駆動する
という機構らしいです。
潜水艦や民間のハイブリッド車等では電気駆動が当たり前ですが、遂に水上艦も電気推進の時代に突入ですね。

武器マニア(艦内編成における1分隊的な意味)としては兵装も気になる所ですが、VLSは16セルとかなり少な目です。
「そんな少ないセル数でいいんかい!」と思いましたが、ESSM(1セルに4発内蔵の発展型シースパロー)の搭載を
前提としており実際にはESSM4セル(16発)、アスロック12発という感じの搭載内容になるらしい。ESSMマジ有能。

「あさひ」の就役は2018年3月予定との事で現在艤装が進んでいます。新しい時代の護衛艦に期待が高まりますね。



他にも色々と細かい出来事はありましたが、その辺は過去の報告書を見てもらえればと。

という訳で管理人の2016年はこんな感じでした。それではみなさん、良いお年を!


2016年10月16日   今年の戦局も最終段階に突入だ!

こんにちは、柏谷です。暑かった夏が終わって秋の気候になり過ごしやすくなりました。
という事で7〜10月前半に起こった出来事の報告・感想でも上げようかと思います。

祝! 第31輜重兵分隊HP 開設1周年!
2016年10月11日に我が「第31輜重兵分隊」は開設1周年を迎えました。
とりあえず最初の壁である1年という期間を無事に超えられた事を嬉しく思います。
しかし・・・
【悲報】更新・構築が全然進んでない・・・
いや、もうほんとコレに尽きますね・・・ 自分でも情けないと思うくらい更新・構築が進んでいません。
未だにサイトの大部分が工事中で、ある程度まともに稼働してるのはイベントのページくらいです。
そもそも何でこんなに更新が遅いのか・・・ 理由(言い訳)としては日々の仕事の多忙さかなーと。
月曜〜金曜の日中は仕事で忙しく、夜は疲れてすぐに寝てしまう有り様なので更新は困難な状態。
土日祝日は休日出勤させられたり別の用事があったりと何だかんだで時間が無く更新が進みません。
折角ホームページを開設したのに何と勿体ない状況でしょうか・・・ もうほんとマジで更新ガンバリマス・・・


その他ここ数ヶ月で気になった事とか。

・航空自衛隊向けのF-35Aがロールアウト
9月23日にアメリカのテキサス州で空自向けのF-35Aの1号機の引き渡し式が行われました。
航空自衛隊の歴史に新しいページが刻まれる瞬間であり、「遂にF-35キター!」と思いましたね。
2017年に青森県の三沢基地に配備予定らしいです。三沢基地はアメリカ空軍と共同運用なので
日米でF-35のノウハウを共有するのが目的でしょうか。是非見に行きたいですが三沢は遠いな・・・
と言うかF-35の配備が進めばF-4の退役が進むので今の内にF-4の勇姿を記憶に焼き付けねば。


・2017年に岩国基地にF-35Bを配備する事が決定
三沢に空軍型のF-35Aが配備となれば、岩国には海兵隊型のF-35Bが配備です。
2017年の在日米軍編成計画によると、まずは1月にFA-18(12機)をF-35B(10機)に更新
そして8月にAV-8B ハリアーU(8機)をF-35B(6機)に更新する計画だそうです。
つまり日本(本州)でハリアーUが見られるのは2017年8月までという事になります。
ハリアー好きとして2017年のフレンドシップデーにも必ず参加しなくちゃ!(使命感)



・「第502統合戦闘航空団 ブレイブウィッチーズ」がアニメ放送開始
遂に始まりましたねブレイブウィッチーズ。自分の住んでる地域では放送局的に視聴困難だったんですが
本日dアニメストアにて初めて第1話を視聴しました。感想としてはストライクウィッチーズ1期から続く
情熱や真っ直ぐな心を感じさせてくれる内容で安心して見られました。もはや伝統美的な感じですね。

主人公のひかりは当初「芳佳との明確なキャラの違いを表現できるの?」的な感じで心配してましたが
芳佳とは結構違うタイプの娘でしたね。才能は無いけど体力と根性だけは人一倍ある。そして優秀な
姉に憧れてると同時にちょっとコンプレックスも持ってる微妙な年頃の少女がよく描かれていました。
世間知らずで無茶ぶりな性格っぽいので今後大きな問題とか起こしそう。(←別に嫌味ではないです)
そんなひかりが曲者揃いの502に合流したら何が起こるのか? 人間的にどう成長するのか?
この辺は高村監督を信じて見守りましょう。往年のスト魔女ファンとして成長が楽しみな主人公です。

孝美さんについては世間では「パーフェクトお姉ちゃん」とか言われてますが正にその通りだわ。
美人で優秀で地元の英雄で唇と腋と傷跡がエロいという事で既に大人気になりつつある逸材。
同じお姉ちゃんでもバルクホルン大尉とは違うタイプ。スト魔女は姉属性も豊富で飽きさせないな。
チラホラ聞こえるネタバレだと第2話で凄くスゴイ大変な展開になるみたいですが・・・

ゲストキャラについては北郷さんが登場したのが驚きでした。海軍学校の校長になってるとは・・・
それとナレーションも屋良さんに変わってました。個人的にはジパングの梅津艦長のイメージかな。

OPは引き続き石田燿子さん。良い曲なのは勿論ですが歴代テーマ曲(1期〜OVA)の中で特に優しさを感じさせる曲調。
EDはリンドバーグのカバー曲との事。30代以降の世代(?)に好評みたいですが自分は微妙に世代が違いますね・・・
でも良い曲だと思います。歌詞がひかりにマッチしてますね。各話ごとに異なるウィッチが歌うみたいなので毎回楽しみです。

ミリタリー的な点について。肝心のストライカーについては自分はWWUの航空機に疎いのであんまり大した意見は言えません・・・
むしろガンマニアとしては各ウィッチが使う銃に結構注目してます。孝美さんがS-18という珍しい対戦車ライフルを使ってたり
ガリア(フランス)ウィッチのジョゼがブレンガンではなくDP28を使ってたり、クマさんがPTRSを使うシーンは来るの?とか。

そして他でも言われてますがCGが酷いですね・・・軍艦の表面とかツルツルですやん。
と言うかメカに限らずキャラ(CG・手描き問わず)や演出で気になる部分も少々・・・ 
放送開始前から心配されてましたがやはり製作現場がギリギリの状態なんでしょうか・・・
我々ファンが製作の手伝いをする事は出来ませんが、せめて高村監督やスタッフを信じて
応援しながら視聴を続ける事が”わたしにできること”なのではないかと思います。


・「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載が終了
まさかこち亀が終わる日が来るとは・・・ こち亀は時事ネタ主体でネタは無尽蔵とも言えたので
突然の連載終了には驚きました。秋本先生曰く区切りの良い200巻で終わらせたかったとの事。
こち亀と言えば時事ネタ・人情ネタの他にミリタリーネタもかなりあってその辺も好きでした。
最近だと両さん達が旧ソ連のキロ級潜水艦でサーフィンに行く話が面白かったです。
こち亀は(コミックは買ってませんが)十年以上も読んでた作品だったので連載終了は
寂しい気もしますが秋本先生の更なる活躍に期待したいです。連載お疲れ様でした。
※余談ですがこち亀連載終了により完全にジャンプを卒業する事にしました。


・天皇陛下の生前退位について
8月8日に天皇陛下が「生前退位」についてのお気持ちを表明しました。
天皇陛下と言えば日本の象徴であり、ミリタリー的(旧日本軍的)にも特別な存在。
日本人として、ミリタリーファンとしてこのお気持ちをどう受け止めるべきか?
あんまり軽率な意見を述べるのは失礼なので現段階では特にコメントしませんが
「戦後71年という時が過ぎて日本も変わりつつあるんだな」というのが正直な感想。
天皇陛下本人も、日本国民も理解・納得できる形での決着に期待したいです。


・その他
最近「ザ・ラストシップ」という海外ドラマの存在を知りすごく気になってます。
内容的には世界中に致死性ウイルスが蔓延して人類は滅亡の危機に瀕しており
これを解決する為にウイルス非感染の米海軍駆逐艦(アーレイ・バーク級)がワクチンを
開発しつつ諸々の脅威に対し孤軍奮闘するという「ジパング+アウトブレイク」な内容。
現代艦好きな自分としてはストライクな設定でPVを見てもかなり面白そうな作品です。

今現在はブレイブウィチーズに夢中であり、本作を見る余裕が無いので
ブレイブが落ち着いた2017年初頭くらいに鑑賞しようかと思っています。
(※余談ですが「ハイスクール・フリート」も2017年に見ようかと思ってます。)



その他、最近の目立った装備調達とか

Chatellerault M1924/29

「年間1丁のペースで無可動実銃を調達する」というのが自分の年間計画です。で、今年はコレになりました。
自分は一応「WWUの軽機関銃コレクター」なので比較的レアな本銃を入手できた事にとても満足しています。
ストライクウィッチーズ的にはペリーヌさんが使用を希望していた銃です。ガリアが誇る優秀な軽機関銃ですわ!
前後に2本並んだトリガーなどユニークな特徴を持つ本銃。いつか装備品コーナーで詳細を紹介する予定。


PENTAX K−S2

そして遂に一眼レフデビューしました。市場の数ある商品の中から「防塵防滴」という点を条件に
機種を選考した結果、ペンタックスのK-S2に決定。ちなみにレンズは「18−135mm」です。
初めて買った一眼レフ。その使い方は勿論、一眼レフならではの特徴や能力など勉強する事は
沢山ありますが、「戦場を記録する新しい眼」として使い込むつもりです。とりあえず今後の予定は
11月27日に百里基地航空祭が行われるのでそれを初陣とし、F-4の写真を撮りまくる予定です。

※余談ですが本日開催された「エア・フェスタ浜松」に父親が行ってきました。
話を聞くとF-4の展示や飛行があったらしい。自分も行くべきだったかな・・・


近況報告としてはこんな感じですかねー。とにかく記事の更新をガンバリマス・・・ ガンバリマス・・・ 
つーか現在編集中の「Operation M.K.I」をマジで頑張って完成させないと・・・ どんだけ更新遅いの自分・・・


2016年7月1日   オーバーヒートが近いので冷却処置を急げ!

こんにちは、柏谷です。2016年が始まり早6ヶ月が過ぎました。ここら辺で4〜6月の近況報告でもしようかと思います。


・ミリタリー(自衛隊)イベント系
ここ数ヶ月で最も大きなトピックスと言えばやはり「Operation M.K.I」及び「岩国航空基地フレンドシップデー」ですね。
初めて間近で見学し海自の新時代を実感した「ひゅうが」と「ふゆづき」。入渠〜帽振れまでの姿を見学出来た「あさぎり」。
8年ぶりの見学でより理解を深めた「てつのくじら館」(あきしお)。潜水艦が大量に停泊してる光景が素晴らしかった呉基地。
人生で初めて見た本物のハリアーUやA−10やオスプレイの迫力と存在感。その他アメリカ海兵隊ならではの装備の数々。
これらの出来事は私に強烈な衝撃と新鮮な刺激を与え、ミリタリーライフをより充実させる素晴らしい体験となりました。
この感動を世に伝えるべく頑張ってレポートを作成中(6月下旬時点)なのですが、仕事が忙しくて全然進んでません・・・
「鉄は熱いうちに打て」という諺通り、旬を逃さずリポートする事が大事なのでなるべく早めに完成させるべく尽力します・・・

そして7月以降のミリタリー(自衛隊)イベントですが目玉はやはり富士総合火力演習ですよね。
陸自最大・最高のイベントですがもう何年も参加してないので今年は是非とも参加したいです。

海自のイベント(艦艇一般公開)については防衛省のスケジュールが一気に更新&充実。
6〜8月にかけて全国各地で自衛艦の一般公開が行われます。自衛艦には夏の海が良く似合うね。
今年の目標の1つが「はたかぜ型」を見学する事なのですが、調べてみると
7月に新潟と富山で「しまかぜ」が一般公開される予定なのでそれを見に行きます。
※部隊の都合なのか両方ともキャンセルになりました。orz・・・


・サープラス(軍放出品) 他
サープラスの調達に関しては1月のブラックホール以来、目立ったは調達は無いかなー。
2016年前半は自衛隊イベントへの参加に熱心だったので装備調達は後回し気味に・・・

と言うかサープラスの調達が鈍化した理由の1つがヤフーオークションの活用です。
ヤフオクなら欲しい商品(予想もしていなかった希少な品)を自宅でコーヒーでも飲みながら
ピンポイントで入手出来るのでサープラス調達としてはかなりコスパが優れています。
お陰で貴重(法的に微妙にグレー?)なアイテムも何点か入手でき大変満足しています。

それにしてもヤフオクを見てると予想を超えるマニアックな品が
出品される事があって驚きますね。個人的に印象に残ってるのが
「某国海軍の艦船のドアやハッチ(予備保管品)」の出品。↓こんな感じ。

軍艦ではお馴染みの「金属製で大型のハンドルが付いてる水密扉」です。
自分も頑張って入札したんですが負けました・・・ 最終落札価格は4〜5万円くらい。
ヤフオクは(一応良い意味で)闇が深いマーケットなので絶えずチェックしたいですね


そしてサープラス以外として銃の調達。兵士にとって銃は相棒!
こちらの調達も欠かせません。最近買った新しい銃は「KSC オート9」

上が今回新しく買った「オート9C」。廉価版なので3バースト機能がオミットされてます。
下が現在持っている「オート9」。ハードキックと呼ばれるちょっと上級グレード。2003年に購入。
オート9は既に1丁持っていたんですが魔改造を試みて失敗、ジャンク同然にしてしまった過去が・・・
ロボコップ好きとして新しいオート9を再購入せねばと思ってた所、再販となったので6月初旬に購入。
自分はアクティブシューターではないので外見&動作チェックと軽い試撃程度しかしませんが
ロボコップ好きとしてはこの銃を握りポージングするだけで結構楽しいです。大切に保管したいですね
と言うかリメイク版ロボコップのM2 Battle Rifleのトイガン化を熱望しています!


そしてサープラスとは若干異なりますが非常食の在庫管理について。
ミリタリー愛好家としては一応非常食の管理を意識しています。4月の熊本地震の様に
大規模災害はいつ起こるか分からないので食糧や装備を準備しておく事は大事です。
という訳で現在保管してる非常食を引っ張り出してみました。(6月初頭)

内訳としては飲料水のペットボトル(2L)が12本、各種缶詰が約45個といった感じ。
賞味期限はちゃんと把握してたので問題無し。更新も兼ねて6割ほど開缶し食べる事に。
長期保存が目的なので缶詰を中心に調達してましたが、実際に食べると色々と発見がありますね。
例えば焼き鳥の缶詰とかは元々おつまみ用なので内容量が少なくその割にゴミ(空き缶)が多い。
物珍しさで買ったアジアンテイストの缶詰は口に合わなくて食べた後にちょっと気分が悪くなったなど。
今後は味や内容量に注意しながら非常食の再調達を進めたいです。


・陸上自衛隊における実弾誤射事件について
5月23日に陸自の北部方面輸送隊(第310輸送中隊)が然別演習場で訓練を行っていた際に
空砲ではなく誤って実弾79発が発射され、隊員2名が負傷するという事故が起こりました。
空薬莢の回収率(ほぼ)100%を誇るなど自衛隊の徹底した銃器管理は有名だったので
自衛隊ファンでありガンマニアでもある自分としては今回の事件は衝撃的でしたねー・・・

今回の事件について関係者やマニアから色んな意見や憶測が飛び交ってますが、
その中で多かったのが「実弾と空砲の区別もつかないのか?」という意見です。
下の写真は89式小銃等で使われる5.56×45mm弾の通常弾と空砲弾の参考例です。
(ご安心下さい、火薬は入っておらず雷管も打撃済みの安全なダミーカートです)

空砲弾には弾頭が存在せず薬莢先端が細く絞られている形状であり、通常弾との違いは一目瞭然です。
(空砲弾がこの様な特殊な形状の理由は作動に必要なガス圧を得る為です。またの機会に解説します)

今回の事故の原因についてはパソコンでの発注ミス、受領の際の確認が不十分、
実際に射撃する輸送科の隊員の経験・理解の不足などが重なった為との事です。

自分は部外者なので批判意見などを言える立場ではありませんが
自衛隊ファン及びガンマニアとしては今後の再発防止に努めてほしいですね。


・その他
他のミリタリー系ネタとしては「第502統合戦闘航空団 ブレイブウィッチーズ」のアニメ情報の解禁。
2016年秋に放送という事と502メンバーのキャストが発表されました。やっぱり気になるのは声優ですよね。
現在の自分はアニメ趣味はほぼ完全に卒業してて最近の流行作品は全くノーチェック。最後に見たアニメが
2015年の「アイドルマスター シンデレラガールズ」のみという状況なので声優に関する知識も
完全に時代遅れなんですが、声を脳内再生できる声優さんでキャストを変換すると・・・
ラル隊長(佐藤利奈)=アイドルマスターの千川ちひろ
ロスマン先生(五十嵐裕美)=アイドルマスターの双葉杏
サーシャ(原由実)=アイドルマスターの四条貴音
ニパ(高森奈津美)=アイドルマスターのみくにゃん
ナオちゃん(村川梨衣)=ビビオペの二葉あおい
ひかり(加隈亜衣)=OVA3「アルンヘムの橋」のローズ
こんな感じ。見事に自分の中の声優データベースがアイマスで止まってますな。
一応上記で脳内変換しましたが、声優は異なる声質を出す事が出来る人が多いので
上述のイメージは当てにならないですね。OAを楽しみに待ちましょう。


他には「ハイスクール・フリート」というアニメが話題になってますね。
内容的には女の子が軍艦に乗り込んで訓練とか冒険とかするらしい。
未視聴なので内容とか感想は語れませんが、個人的に気になったのがキャラ設定。
砲雷科、航海科、機関科など艦内編成が細かく設定されてていい意味でマニアックです。
調べてみたら原案はスト魔女シリーズでお馴染みの鈴木貴昭氏。なるほど、納得ですわ。
7月現在では既に放送が終了。アニメファンからの評価もイマイチみたいですが、
ミリタリー好き(海軍好き)としては気になる作品なので今後ネット配信で視聴するかも。


2016年4月1日   桜ト共ニ進軍セヨ

こんにちは、柏谷です。2016年に入り早3ヶ月が過ぎました。なのでここら辺で近況報告でもしようと思います。
まずこの数ヶ月間ですが寒くて殆ど動いてませんでした。(何という非効率な人生・・・)
いやね、当初は「バリバリ記事を作成してサイト更新するぜぇぇ!」とそれなりに意気込んで編集作業を開始するんですが
「部屋で暖房つけててもイマイチ寒い、空は雲ってて日光を浴びれないからテンション下がる、ヤル気出ねぇ・・・」的な感じに陥り
「ちょっと温かい布団で仮眠を取って気分をリフレッシュ!」と布団に入るもそのままガッツリ寝てしまう事案が多発。
今回の経験により自分は冬に弱い体質だという事を再認識しました。長野県人らしくないですね・・・

という訳でサイトの更新が殆ど進んでないんですが、その間全く何もしてなかったという訳ではなく多少は進展がありました。

一番大きな出来事が車を買い替えた事。とある国産3ナンバーワゴンです。以前の愛車より
一回り大きい車格となり車内空間も拡大して使い勝手が向上しました。現在内装を車中泊仕様に
改造中であり、今後は泊まりがけでの自衛隊イベント等での活躍が期待されます。


その他ここ数ヶ月で印象に残った&有意義な出来事・コンテンツをいくつか紹介。

「NHKスペシャル 新・映像の世紀」
NHKが誇る傑作ドキュメンタリー番組。自分はオリジナル版(95年)を見た事が無い世代なので
「いずれは見てみたいなー」と思っていたんですが、今回新バージョンが放送されたので視聴。
すごく勉強になる番組ですね〜コレ、流石はNHK。
生々しい映像と丁寧な語り口で20世紀の歴史を分かりやすく解説する秀逸な番組です。
自分の今年の目標が去年に続き「第二次世界大戦の理解」(※)なので資料としてピッタリです。
同時に「ミリタリーサイト制作における参考例」としても有意義な番組ですね。
「映像の世紀」は過去に記録された映像を通して20世紀の歴史(軍事)を伝える番組です。
それに倣って我が第31輜重兵分隊も「21世紀の軍事的1場面(自衛隊イベント等)を紹介するサイト」
として資料を蓄積・公開し活動を行いたいですね。「映像の世紀」ならぬ「画像の1/5世紀」的な感じで。


「第二次世界大戦 傑作機コレクション」
ディアゴスティーニから発売されてるWWUレシプロ戦闘機のダイキャスト完成品シリーズです。
第二次世界大戦への理解を深めるという点とストライクウィッチーズのファンという点において
「WWUのレシプロ機のプラモを買って当時の航空機の事を勉強しなきゃ!」と思いつつ
「でもプラモ買っても綺麗に作れないし・・・」と悩んでいた所に登場したのが本シリーズ。
ダイキャスト完成品なので模型製作の素人でも簡単にコレクションできて質感や塗装もそこそこ。
スケールも1/72という丁度いいサイズで値段もリーズナブルなので結構気に入ってるシリーズです。
全80号の予定らしいですが全部は買えないので、とりあえず日本軍機(陸・海)はほぼ全機種、
他にはアメリカ機(F6F)やドイツ機(Bf109)など日本軍機に縁のある有名な機体を多少集める予定。


「永遠の0」
去年の7月に「金曜ロードショー」で放送された作品です。録画しといたのを最近初めて観ました。
近年の日本の戦争映画としては中々の良作だと思います。と言うか「一般人向け」を強く意識した作りですね
一般的な戦争映画は戦場の過酷さや不条理を描く事が多いんですが、本作は日本映画らしく
人間ドラマや恋愛描写が多めに含まれてて一般人にも比較的受け入れやすい作風だったと思います。
個人的に見ても人間ドラマパートが綺麗過ぎる&ご都合主義と感じる部分もありましたが概ね良作として楽しめました。
太平洋戦争の終結から今年で71年です。先の戦争の記憶が風化しつつある現代においては戦争映画に
アイドル(V6)や人間ドラマを盛り込んで一般人に関心を持ってもらうのは悪い事ではないと思います。
所でこの映画の監督って山崎貴だったんですね。好きな監督の1人なのでその辺も評価に繋がってます。
※それと余談ですが個人的には陸軍派なので隼とか飛燕を主役にした映画とか作ってほしいですねー


「第502統合戦闘航空団 ブレイブウィッチーズ」
アニメ公式サイトもオープンしいよいよ本格始動した502JFWブレイブウィッチーズ。
「みんなの想いでデキること」に不参加だった自分としては例のPVに大感激。
パーソナルマークやWWイラストなど見所満載ですごくスゴイ興奮しました。
そして新ウィッチである「雁淵孝美」とその妹「雁淵ひかり」の発表。個人的には
「502の濃厚な8人だけで既にお腹いっぱいだぜ!」とか思っていた所に
新ウィッチが2人も追加された事には驚きました。既存の8人はWWや二次創作で
ある程度キャラが固まっていますが、雁淵姉妹は詳細不明の真っ新な状態なので
「一体どんなキャラなのか? 濃い502メンバーとどういう風に絡むのか?」という点が楽しみです。
放送開始時期は不明ですが2016年度内との事なので夏アニメ(7月)か秋アニメ(10月)でしょうね。


「安全保障関連法案」 施行
3月29日に「安全保障関連法案」が施行されました。これにより自衛隊と国防に関する法律の一部が
改正され自衛隊が海外で活動する可能性が一気に高まりました。この事について一部の人達からは
「自衛隊が海外で戦争に加担する様になった!」とか色々騒がれてますが、ミリタリーに関わる自分としては
これも時代と世界情勢の流れだから止められないと思います。
ぶっちゃけ言っちゃうとそもそもの原因は「強硬な姿勢を見せ挑発・威嚇行為を繰り返す某国々」の存在かと。
日本の領海・領空に不法侵入する、水爆実験や弾道ミサイルの発射実験をするなどやりたい放題の某国々。
なので日本の尊厳・歴史・利益を守る為には自衛隊の強化は必然なのですが、日本は小さな島国であり
自分達の力だけでの防衛には限界があります。そこで安全保障の同盟国アメリカとの連携を深める事が
必須なのですがそれは同時にアメリカの軍事行為にも手を貸すという事。持ちつ持たれつつの関係ですね。
なので今後の自衛隊はより国際的に展開しかつ危険な任務に従事する事が予想されます。
一般人の自分に出来る事はありませんが、自衛隊員の安全を祈りつつ活動を応援したいと思います。

それにしてもこうして見ると「政治と軍事は表裏一体」と言うのがよく分かりますね。
「沈黙の艦隊」にて「政軍分離」が提唱されてましたがそれが如何に難しい事か・・・


1月〜3月においての報告はこんな感じですかね〜。


・4月以降の予定について〜
1月の時点で今年の大まかな予定を発表しましたが実際にその時を迎えてみると全然予定通りに行かないものですね。
色々と新しいイベント情報が入ってきてスケジュールの再調整が進んでいます。最も大きなトピックスとしては
・5月5日に開催される「岩国航空基地フレンドシップデー2016」に参加します。
やっぱりね、本物のハリアーを見たいんですよ。後継機であるF-35Bの配備が進めばいずれは姿を消してしまう機体なので
今の内にその勇姿を記憶に焼き付けておきたいんです。という訳で往復1600km以上の超大規模作戦を計画中です。
それと岩国基地祭への参加にあたり予算・時間・体力的な事を考慮した結果、4月中の自衛隊イベントへの参加は断念しました。
本来ならお花見シーズンなので相馬原や松本のイベントが盛況になるんですが今年はちょっと厳しいです・・・
※唯一の例外としては4月3日に清水港で試験艦「あすか」が一般公開されるのでそれは見学に行きます。

・・・と言うか自衛隊(防衛省)のイベント紹介ページの更新が遅くてちょっともどかしいですね・・・
4月1日時点では殆ど更新されてません。むしろ各県の地方協力本部(地本)のHPの方が情報更新が早いです。
今年度の防衛予算確定の関係でしょうけどイベント情報はなるべく早めに入手したいです。


・その他
1月の時点で「今年の目標はベトナム戦争」と述べましたが、現時点ではやっぱり「第二次世界大戦」(日本視点の太平洋戦争)が
メインになりそうです。上述してますが太平洋戦争の終結から今年で71年の時が経ちました。当時を生きた人達の多くは亡くなり
「あと10年以内に戦争経験者はいなくなる」と言われています。そして現代人にとって「戦争は遠い昔話」となる可能性が出てきました。
ミリタリーファンとして、そして太平洋戦争を理解しようとする者にとってはここ数年がラストチャンスではないかと思います。
なので可能な限り第二次世界大戦/太平洋戦争について勉強し理解を深めたいと思います。


2016年1月1日   皇紀二六七六年 上半期作戦行動予定表

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
本年度も「第31輜重兵分隊」をよろしくお願いします。

はい、という訳で2016年(皇紀2676年)が始まりました。皆さんの今年の予定は如何でしょうか?
我が「第31輜重兵分隊」としては今年が実質的な稼働初年度となりますので最大火力で進軍する所存です。

まずは機動力の確保として車の買い替えを予定しています。現在自分はとある国産ワゴン車を愛車とし車内を
キャンピングカー風に改造して車中泊しながら全国各地の自衛隊イベントに参加するというスタイルですが、
この車が結構ボロボロになってきててそろそろ寿命なので新しい車に買い替えたいなーと思っています。
車種としては現在より一回り大きいサイズの国産ワゴン車で同じく車内をキャンピングカー風に改造する予定。
新しい車を購入したら車中泊をしながら日本全国の自衛隊イベントに参加したいと思っています。

参加予定の自衛隊関連イベント
陸上自衛隊
・富士総合火力演習:定番かつ最高のイベントなので。頑張ってたくさん応募ハガキ書きます。
・新発田駐屯地:「九二式重機関銃」が展示されてるという情報があるのでその真意を確かめます。
・高田駐屯地:自宅から(松本駐屯地に次いで)2番目に近い駐屯地なのでピクニック感覚で。
・北富士駐屯地:個人的に是非とも行ってみたい理由がありまして・・・

海上自衛隊
・舞鶴基地:2年ぶりに訪問し現在の護衛隊群の配属や街の様子の現状・変化を記録したい為。
・「くらま」「はたかぜ」「しまかぜ」の一般公開:退役が近い名艦なのでその勇姿を写真に収めたい。

航空自衛隊
・百里基地:退役が迫る名機「F-4 ファントムU」の勇姿を写真に収める為。
・入間基地:比較的身近な空自基地なので。
・岐阜基地:比較的身近な空自基地なので。

その他
・在日米軍基地:アメリカ軍の装備を見学・勉強したいので。横須賀や厚木辺りを予定。
・岩国基地:「AV-8B ハリアーU」が見たい。もうマジで生ハリアーが見たいんです!
・所沢航空発祥記念館:かつて祖父が帝国陸軍・航空科として勤務してた地らしいので。
・松代大本営跡:長野県が誇る有名な戦争遺跡なので。
・海外旅行(実銃射撃):ガンマニアとしてはやはり実銃を撃ってみたい。

サープラス(軍放出品)等について
・輜重兵の名前通り元々自分は軍装品コレクターなので積極的にイベントに参加しレアなアイテムを収集したいです。
・今年の大まかな方向性としては「ベトナム戦争装備」ですかね。M1ヘルメットとかM69ボディアーマーとか欲しい。
・「年間1丁のペースで無可動実銃を調達する」と言うのが自分の毎年の目標。今年は秋頃にDP28を購入予定。
・去年に続き名作戦争映画を多く鑑賞したいですね。「ハート・ロッカー」「遠すぎた橋」「プラトーン」「K-19」など。

サイト全体について
・去年もそうでしたが仕事が忙しい&遅筆なので予想以上にサイトの更新が進んでないですね・・・
 なので今年はもう少し気合を入れて少しでも多くサイトを更新し情報を掲載したいです。
・当面の目標としては過去の自衛隊イベント画像を整理してコメントを付加し、レポートとして仕上げてアップする事です。
・ある程度サイトの基盤が整ったら「情報掲示板」を設置し同志の方との意見交換の場を設けたいとも考えています。

その他(ミリタリー以外)
・今年は「第502統合戦闘航空団 ブレイブウィッチーズ」のアニメが放送されると思うので
 往年のストライクウィッチーズファンとしては意欲的に応援するつもりです。個人的にグンドュラ・ラル少佐がお気に入り。
 そして二次創作(同人誌)市場が再び活性化する筈なのでコミケやオンリーにもなるべく参加する予定です。
・「アイドルマスター ミリオンライブ」のアニメも放送されると思うのでアイマスファンとしてはコチラも楽しみにしています。
 ミリオンのアイドルはそれ程詳しく知らないんですが個人的には佐竹美奈子と横山奈緒あたりを応援する予定。

こんな感じですね。あくまで予定&希望なので全て実行するのは不可能だと思いますがなるべく尽力します。
とりあえず直近の予定としては1月9〜11日の「新春ブラックホール」ですかね。色々軍装品を調達してきます。


2015年12月31日   2015年を振り返って・・・・

当ホームページをご覧の皆様、こんにちは。「第31輜重兵分隊」の管理人、柏谷です。
2015年(皇紀2675年)ももう終わりですが皆様にとっては今年はどんな年だったでしょうか?

私的には2015年は激動だった、と言うか大きく前進した年だと思います。やはり一番大きいのが
ミリタリーのホームページを開設した事ですね。
過去にもミリタリー系ブログはやってましたが、その他の不純要素(マンガ・アニメなど)が多かったので
純度100%のミリタリーサイトを開設した事は自分のミリタリー人生にとって記念すべき事だと思います。


イベント関係で印象深いのは「人生初の靖国神社参拝」「3年ぶりの観艦式」です。

靖国神社に関してはメディアを中心に色々と印象操作されてる感がありますが、ミリタリーファンとして
実際に自分の眼で見た感想としては「日本の戦争における戦死者を祀る神聖な神社」であり
歴史的に見ても非常に価値のある場所だと思いました。後世に伝えるべき戦争遺産だと思います。

観艦式に関しては実際に稼働中の護衛艦に搭乗出来たという点が非常に大きいですね。
艦内にて飛び交う専門用語の数々、稼働中のエンジンの振動や音など
停泊中の一般公開では味わえない貴重な体験ばかりでとても有意義でした。

逆にイベント関係で残念だったのが「航空自衛隊」のレポートが皆無だった事。
自分は陸自と海自が特に好きなのは事実ですが、ミリタリーファンとしては
陸海空バランスよく応援しリポートしたいです。来年の課題の1つですね。


サープラス(放出品)やアイテムの調達に関してはまぁまぁだったと思います。
「対7.62mm徹甲弾用セラミックプレート」「MG34キャリングハンドル」
「無可動実銃のトンプソン」等を入手しコレクションがより充実しました。
と言うか個人的に気になったのが「帽子やヘルメット系のコレクションが増えた」という事。

今年1年間で入手した帽子・ヘルメット系コレクション

帽子やヘルメットは(軍服上下セットに比べて)保管場所を取らず価格もリーズナブルなので
自然とコレクションが進みました。と言うか「頭を覆う系」のコレクションに注力したという事は
頭部に対する潜在的な危機感の表れなんでしょうね・・・
           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)まだ戦えるし!
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \

その他としてはイベントで床井雅美先生にお会いできた事、人生初のミリタリーコスプレをした事、
人生で初めて「フルメタルジャケット」と「地獄の黙示録」を鑑賞した事とかですかね。
ミリタリーマニアとして20年経ちますが、恥ずかしながらFMJと黙示録は未だに観た事が無く
今年初めて鑑賞しました。傑作戦争映画と言われるだけあってとても面白かったです。
やっぱりコッポラとキューブリックは常識を逸脱してますね(←※褒め言葉です)


それと私事なんですが今年度は祖父が体調を崩して入退院を繰り返すようになりました。
家族として健康を心配するのは当然なんですが、同時にミリタリーマニアとしては
太平洋戦争当時、祖父はどんな人物だったのか?という点が気になり、
祖母に話を聞いたり役所に軍歴証明書の発行を依頼したりと色々と調べてみました。
結論だけ簡単に言ってしまうと「大日本帝国陸軍の航空科」に所属していたらしいです。
これについてはいずれ紹介する機会を設けたいと考えています。


そして最後になりますが「現実の軍事情勢」について少々触れたいと思います。
我々ミリタリーファンが平和な日本で趣味を謳歌してる一方で世界の各所ではリアルな戦闘が勃発。
ロシアとシリアが戦争状態に突入したりフランスでテロが起こったりと緊迫した状態が続いています。
また日本国内においても安全保障関連法案が成立したり首相官邸にドローンが着陸したり
自衛隊の装備や訓練内容が急速に発展したりと何かと「軍拡」が進んだ気もします。
今後はミリタリーファンを取り巻く環境が(悪い方向へ)変化する可能性もありますね・・・


まぁ色々書きましたが大きな怪我や事故もなく無事に年越しできて良かったです。
今年一年間お世話様でした。来年も良いお年を・・・


2015年10月11日   「第31輜重兵分隊」 創設の挨拶

本日より「第31輜重兵分隊」を稼働します。2015年は管理人のミリタリー人生がスタートして約20年の節目です。
そこでホームページを開設し世間に広くミリタリーの魅力を伝えると共に「管理人のミリタリー人生の軍歴証明書」の
作成を今後の目標としています。未熟な部分が多々ありますが獅子奮迅する所存ですのでどうかよろしくお願いします。


トップページへ戻る